難しいインプラント治療は名医選びが肝心|信頼できる歯医者を探そう

インプラント
このエントリーをはてなブックマークに追加

金属アレルギーでも安心

歯医者

歯を失ってしまった時の治療法にインプラントという治療があります。人工歯根を顎の骨に固定し、その上に人工の歯を被せます。見た目も普通の歯と同じですし、固定してあるので硬いものも噛むことができます。他にも歯を失った時の治療法として入れ歯という選択肢もありますが、入れ歯はぐらつきやすいので前のように硬いものを噛むことができません。今まで食べることができていたものも食べられなくなるので、ストレスに感じる人は多いようです。インプラントはチタンという金属が素材として使われています。チタンは軽くて強度があり、金属アレルギーを引き起こしにくい性質もあるため、その安全性の高さからインプラントだけではなく人工関節や心臓のペースメーカーなどにも使用されています。しかし、稀にチタンでも金属アレルギーを起こす人がいます。そこでおすすめなのが、ジルコニアンインプラントです。ジルコニアンとはセラミックの一種で最も耐久性のある素材です。ジルコニアンインプラントだと金属アレルギーを起こす心配がないだけでなく、歯肉に炎症を起こすこともないので、歯茎の状態を健康に保つことができるのです。また、ジルコニアンインプラントは非金属のため病院でのMRI検査を受けることも可能です。金属アレルギーでインプラント治療を諦めていた人も、この機会に一度かかりつけの医師にジルコニアンインプラントでできるかどうか相談してみてはいかがでしょうか。